2007年08月20日

投資信託 ガイド

投資顧問は、価格が常に変動する証券取引や、外貨、不動産などさまざまな商品の相場の現状を把握し、分析し、本来の価値を判断する専門家です。

 投資対象は、その性質により、季節や気候により周期的に変動するものや、株価のように年単位で大きな波があるものまでさまざまです。

 時には、同時多発テロのように事前に予測困難な地政学的リスクにより、1日で大きく変動することもあります。


 投資家は、自分の調査や予想に基づいて証券などの売買をします。

 近年のネット証券の流行により、爆発的に投資家数が増え、それに伴い、短期売買による早期の売買差益を狙う人が増えています。

 投資顧問が分析結果を発表した直後は、投資家の注目が集まりやすく、発表内容と現在価格の差益を狙って、大きく株価が変動することも珍しくありません。


 投資顧問の発表内容に対する過剰反応には注意が必要ですが、便乗して大きな利を得ている投資家もいるので、投資スタイルに合わせて、いろんな活用ができそうです。



株初心者向け個別指導型の株式投資スクールが好評
しかも、証券会社の第一線で働く現役アナリストや、年金・生命保険、投資信託など 巨額の資金を運用するファンドマネージャー達が考え抜いた "全くの株初心者が、最も短い時間で株式投資のプロと同等の技術や知識をマスターする" ...(続きを読む)



posted by 投資信託について at 23:59 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。